トップ

AGAとIGF-1の関係

AGAとIGF-1の特徴

AGAになってしまうメカニズム

薄毛に悩んでいる男性は数多くいます。ある程度年をとると髪が薄くなってしまうのは仕方のないことと考える人も少なくありませんが、比較的若い人でも髪が薄くなってしまうことがあります。これはAGAと呼ばれているものです。AGAを改善したいならこちらから。

脱毛症のタイプはさまざまですが、そのうちAGAは男性型脱毛症のことを指します。主に男性ホルモンやヘアサイクルの乱れが原因で頭髪が薄くなってしまうのです。5αリダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させ、その働きで髪の成長を阻害しヘアサイクルを乱すというメカニズムです。

正常な状態であれば、数ヶ月から1年くらいかけて髪が成長し、太くコシのある毛に育ちます。それから数ヶ程度経ってから生え代わりますが、AGAだと髪が十分に成長しないまま抜け落ちてしまうのです。そのため、抜けた毛も細く弱々しいのが特徴として挙げられます。

AGAになっている場合には、髪の生え際や前頭部、頭頂部などから少しずつ髪が薄くなって行きます。進行性であるため、放置しておけば薄毛がどんどん広まってしまうのです。しかし、AGA治療専門のクリニックに通って治療を受けることで、直すこともできます。できるだけ早期に治療を開始することが望ましいと言えるでしょう。

AGAとIGF-1の関係とは


AGA改善のために重要となると考えられているのがIGF-1という髪の成長因子です。人間の髪は、成長期に太く力強くなります。文字通り成長しやすくなる時期です。成長期が終わると退行期に映り、成長が鈍化して行きます。休止期になると成長が止まり、しばらくすると抜け落ちる仕組みになっています。そして、新しい毛に生え替わります。AGAになると、この毛周期のうち成長期が短くなってしまうのです。そのため、細く短い毛ばかりになり、薄毛になってしまいます。

そのため、毛周期における成長期を長くすることでAGAを防止できます。IGF-1はその役割を果たす成長因子なのです。毛乳頭でIGF-1が分泌されると、毛母細胞に受容体ができてIGF-1と結合するようになります。そうすると、成長期が長くなるのです。IGF-1の分泌量が増えれば増えるほど、その効果は大きく出ます。

またIGF-1だけでなくTGF-βも分泌されています。このTGF-βはIGF-1とは逆に成長阻害因子を作り出しているのです。そのためTGF-βの分泌量が増えると、AGAに繋がることになってしまいます。髪が細くなるか太くなるかもIGF-1とTGF-βの分泌量で決まるのです。毛細胞の成長を促して髪を太くし、AGAを防止したいのであれば、できるだけIGF-1の分泌量が増えるような生活習慣を心がけることが大切だと言えるでしょう。

Copyright © AGAとIGF-1の特徴. All rights reserved.